首相、米の対北朝鮮圧力強化支持

副大統領に伝達へ

画像
自民党役員会に臨む安倍首相ら=17日午後、国会

 安倍晋三首相は、18日に来日するペンス米副大統領と会談する。軍事力行使を含む「全ての選択肢」を掲げ、対北朝鮮圧力を強化するトランプ米政権への支持を伝え、北朝鮮の核・ミサイル開発阻止に向けた結束を確認。中国の役割は重要として、影響力を行使するよう働き掛けることも申し合わせる見通しだ。

 核・ミサイル開発を許さない日米韓3カ国の「強い決意」(外交筋)を示し、16日にも弾道ミサイルを発射した北朝鮮のさらなる挑発行動を抑えられるかが焦点だ。首相は17日の自民党役員会で「米国と緊密に連携し、北朝鮮に自制を強く求め、万全の対応を取っていきたい」と述べた。

あなたにおすすめ