女性自衛官、戦車部隊に

配置制限を実質撤廃、防衛省

©一般社団法人共同通信社

女性自衛官数の推移

 稲田朋美防衛相は18日の記者会見で、陸上自衛隊の戦車中隊や偵察隊、普通科中隊で女性自衛官の配置を解禁すると発表した。既に航空自衛隊の戦闘機や海上自衛隊の護衛艦では制限を撤廃しており、今回の措置で陸海空各自衛隊の実質的に全ての職域で女性起用が可能となった。稲田氏は女性自衛官の比率倍増を目指し、採用増や制度の利用促進を図る方針も示した。

 安倍政権が進める女性活躍推進の一環。戦車中隊などは過酷な任務を伴うとの理由から配置していなかった。

 今後も制限が残るのは、放射線を取り扱う陸自特殊武器防護隊の一部や艦内が狭く女性専用の設備を整えられない潜水艦部隊などとなる。

あなたにおすすめ