岸田氏「安倍後」に意欲

派閥で準備、総裁選触れず

画像
パーティーであいさつする岸田外相=19日午後、東京都内のホテル

 自民党岸田派(宏池会)会長の岸田文雄外相は19日、安倍晋三首相の後継に意欲を示し、準備を進める考えを表明した。東京都内で開かれた同派パーティーのあいさつで「安倍時代の後はいつか来る。宏池会として今から考えなければならない」と述べた。

 ただ来年の党総裁選への対応には触れなかった。派内では首相の連続3選を想定し、次々回総裁選への出馬をにらむべきだとの声が強まっている。パーティーには首相も出席し「もうしばらく我慢して安倍政権を支えてもらいたい」とエールを送った。

 岸田氏はあいさつで、宏池会が今年、創立60年だとした上で「日本の政治のために汗をかく」と訴えた。

あなたにおすすめ