「みんなで育児」盛岡に応援プラザ 市が22日開設

画像

 盛岡市は22日、同市大通1丁目の商業ビル3階に「もりおか子育て応援プラザ」を開設する。未就学児を対象に有料託児室や母親が仮眠できるリラックスルーム、室内遊び場などを備え、運動遊びやコンサート、子育て研修などのイベントも開催。市とNPO法人、企業が連携して子育て世代を支援し、親同士や支援者との交流が生まれる場を目指す。

 延べ床面積は約572平方メートルで子育て支援が主の公共エリア、カフェや託児室付き作業スペースがある民間事業エリアに分かれる。事業費は2116万円で全額を国の地方創生加速化交付金で賄った。

 公共エリアはNPO法人いわて子育てネット(村井軍一理事長)が受託運営し、保育士や幼稚園教諭免許などを持つスタッフ3人が常駐。予約制で1時間800円の託児室(定員6人)、1回600円で利用できるリラックスルーム、無料の室内遊び場や情報・交流コーナーなどを備え、育児の負担軽減に寄与する。同法人の両川いずみ副理事長は「企業や個人の子育て応援団も募り、親世代の悩み解消に努める」と目標を見据える。

 22日9時半オープン。午後1時半から開所式、午後2時半からファミリーコンサートを行う。水曜、祝日、年末年始は休館。託児室やリラックスルームの予約、催しなどの問い合わせは同施設(019・656・8207)へ。

あなたにおすすめ