陛下退位、21日最終報告

有識者会議、首相に提出

 天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議(座長・今井敬経団連名誉会長)は21日、第14回会合を首相官邸で開く。陛下一代に限って退位を認める特例法制定を支持し、退位後の呼称(称号)を「上皇」などとする提言を盛り込んだ最終報告を了承、安倍晋三首相に提出する見通しだ。

 政府は有識者会議の議論で固まった制度設計を基に特例法案の骨子案を作成し、既に与党側に提示。自民、公明、民進各党間で水面下の協議を進めている。最終報告と与野党協議を受けた特例法案は、5月19日にも国会提出する方向で調整している。

あなたにおすすめ