師匠・水巻からは“喝”も!終始ニコニコ・谷河枝里子が首位浮上

画像いつもニコニコ愛されキャラ、谷河枝里子が2勝目を目指す(撮影:鈴木祥)

<パナソニックオープンレディース 2日目◇20日◇千葉カントリークラブ 野田コース(6,512ヤード・パー72)>

ステップ・アップ・ツアー第3戦「パナソニックオープンレディース」の2日目が終了。初日1アンダー3位タイからスタートした谷河枝里子が"69"のラウンドで3つスコアを伸ばし、トータル4アンダー首位タイに浮上。2014年の「エディオンレディースカップ」以来のステップ・アップ・ツアー2勝目を目指す。

ラウンド中も試合が終わってからも、つねに笑顔が谷河の売り。この日も朝一ティショットが右へ飛び、いきなり林のなかへ。それでも気落ちすることなく笑顔を見せると、2打目は出すだけとなるも"ガッツパーセーブ"。前半だけで4つ伸ばし、後半は1バーディ・2ボギーと落としたものの、首位で最終日を迎えることができた。

笑みを絶やさないサービス精神旺盛なタイプで「喜怒哀楽がないんです。いつも笑顔なんですが、それで怒られています」。鳴尾GC所属で師匠はツアー通算7勝の水巻善典。2週前の『Hanasaka Ladies Yanmar Golf TournamenT』後に、男子プロを交えての3日間ラウンド合宿を行い、「気が抜けているゾ!と渇を入れられたので、引き締めています」というが、話しながら思わず笑ってしまう。

「大阪ではパナソニックさんは切っても切れない。初優勝の時の副賞も55インチのVIERAでした。兄は昔サッカーをやっていて、ガンバ大阪の……」と、今大会の冠スポンサー・パナソニックと自分の関係を話し始めるなど、大阪人らしくトークは軽快。愛されるキャラクター性を持っている彼女だが、優勝がかかる最終日は気合が入る場面。

締めるところは締め、笑い流すところは笑い流す。師匠からの“喝”と、自身の個性が上手く作用すれば、メンタル面で崩れることはないだろう。

あなたにおすすめ