昨季ステップ賞金ランク2位・野澤真央、初優勝を成長の証に!

画像勝利への欲求がメラメラ… 野澤真央が初優勝をかけて1打差逆転に挑む(撮影:鈴木祥)

<パナソニックオープンレディース 2日目◇20日◇千葉カントリークラブ 野田コース(6,512ヤード・パー72)>

ステップ・アップ・ツアー第3戦「パナソニックオープンレディース」の2日目、初日イーブンパースタートとなった野澤真央が5バーディ・2ボギーで、トータル3アンダー3位に浮上。昨年大会の最終日は首位タイスタートだったものの、1打差でプレーオフに進出できなかっただけに、雪辱を誓う。

初日は後半に吹き荒れた強風の影響でスイングを崩したものの、2日目には「ピンチは少なかった」と、谷河枝里子、木村彩子と並ぶこの日のベストスコア"69"。「クラブの選択ミスはありましたが、あと3つくらいは伸ばせたかな」と2016年ステップ・アップ・ツアー賞金ランク2位の地力を見せた。

ドライバーの飛距離は平均270ヤードと、ステップ・アップ・ツアーのフィールドでは1、2を争う飛ばし屋。ただ"飛ばし"だけではなく「頭を使うコースが好き。この試合はセカンドショットの落としどころをしっかり考えないといけない。グリーンが硬く、上からのパットも速くなるので難しいセッティングです」と難コースを上手く攻略できたことに成長を感じているという。

昨年レギュラーツアーには4試合出場。予選通過は「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」の1試合のみだったが、「帯同キャディさんをつけて、すごく勉強になった。グリーンの硬さと落としどころのジャッジだったり。スイングが悪くなると、まだ対応出来ないですが、この2日間はショットが安定していたので"考えるゴルフ"ができました」と、マネジメント面も発展途上中だ。

まだステップ・アップ・ツアーでの優勝がなく、昨年は惜しい試合を勝ちきれなかった。それだけに「今年は早めに1勝をあげる。1勝すれば流れは掴めるので、あとは勝てるだけ勝ちたい」と勝利への欲が強い。今年のQTランク62位でレギュラーツアー出場のチャンスが降りてくる可能性あり。出場できるレギュラーツアーで経験を積みたいという意欲があるが、ステップ・アップ・ツアーでの優勝経験ももちろん大事。「(両立は)なかなか難しいんです。レギュラーのウエイティングをもう2つキャンセルしている。だからこそ、出場したステップでいかに優勝争いができるかです」。

「去年と同じことはしない」と言い切った野澤。1打差を追って初優勝を勝ち取る。

あなたにおすすめ