ロッテが「佐々木千隼の鳥丼」発売 「この丼がファンの方に愛されるように」

ロッテはドラフト1位右腕にちなんだ「佐々木千隼の鳥丼」を20日から球場外周で営業しているオフィシャルキッチンカー「選手の台所」で発売すると発表した。

画像20日からオフィシャルキッチンカー「選手の台所」で発売される「佐々木千隼の鳥丼」を試食するロッテ・佐々木千隼【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

先発の20日は唐揚げが2個から3個に増量

 ロッテはドラフト1位右腕にちなんだ「佐々木千隼の鳥丼」を20日から球場外周で営業しているオフィシャルキッチンカー「選手の台所」で発売すると発表した。

 中身は、鶏もも唐揚げ2個、鶏ササミの天ぷら4個、笹打ちネギ、大根おろし、甘ダレ、ご飯。スペシャル企画として、佐々木が先発する日は唐揚げが1個増量となるため、ソフトバンク戦でプロ2度目の先発マウンドに上がる20日は唐揚げは3個となる。価格は650円。

 佐々木は「初勝利後すぐに試食をさせていただきました。プロ初勝利の日に作ってもらって、試合後すぐに食べたどんぶりなので自分にとっても忘れられない記念の一品となりそうです。唐揚げはとても好きなので、美味しくいただきました。これから、長い間、この丼がファンの方に愛されるように頑張りたいです」とコメントした。

あなたにおすすめ