全国初、旅券を土日も発給へ 兵庫県内、18年度にも

©株式会社神戸新聞社

 兵庫県は、パスポートの発給事務を担う県内4カ所の旅券事務所を土曜、日曜も開庁する方針を決めた。2018年度の実施に向けて外務省と調整している。県によると、全国初になるという。

 県内には神戸、尼崎、姫路、豊岡各市に旅券事務所の窓口がある。月曜から金曜に申請を受け付け、神戸では日曜に交付のみを行っている。16年度は計約18万4千人が利用。17年度は計約19万5千人を見込んでいる。

 土、日の開庁は、平日に仕事を持つ利用者からの要望があり、利便性の向上が目的。県職員が担っている窓口業務は、民間業者に委託するという。

 神戸では現在、1日平均約500件の申請があるといい、土、日は700~800件になると想定している。

 また、旅券事務所本所が5月7日、神戸市中央区御幸通8、神戸国際会館の14階から3階に移転する。7日は交付のみで、8日から申請を受け付ける。県の行財政改革の一環で、賃料600万円を軽減する。(斉藤正志)

あなたにおすすめ