未勝利続く広島・大瀬良、剛腕復活なるか 反省と手応えを胸に次回登板へ

広島の大瀬良大地が20日のDeNA戦に先発し、7回3失点で勝ち負けは付かなかった。今季未勝利だった大瀬良は、6回までDeNA打線を1失点に抑えたが、7回に2死から投手に打たれたタイムリーとワイルドピッチで2点を失った。直後に打線が追いついて負けは消えたが、チームは延長戦の末に敗れ、今季初の連敗となった。

画像広島・大瀬良大地【写真:荒川祐史】

緒方監督「慎重すぎるぐらいの感じでしっかり投げていた」

 広島の大瀬良大地が20日のDeNA戦に先発し、7回3失点で勝ち負けは付かなかった。今季未勝利だった大瀬良は、6回までDeNA打線を1失点に抑えたが、7回に2死から投手に打たれたタイムリーとワイルドピッチで2点を失った。直後に打線が追いついて負けは消えたが、チームは延長戦の末に敗れ、今季初の連敗となった。

 大瀬良は「序盤は変化球の精度が悪く苦しんだが、回を追うごとに良くなっていったので、なんとか粘り強く投げられた」と手応えを口にした。緒方監督も「慎重すぎるぐらいの感じで、しっかり投げていた」と評価しながら、「投手に打たれたのが3点目のワイルドピッチにもつながった。あそこは反省して欲しい」と7回の投球に言及した。

 本人も「7回のピッチング内容をしっかり自分の中で反省して、次に活かしていきたい」と、次戦の登板に目を向けた。

 ルーキーイヤーに10勝を挙げた右腕がリリーフ転向を経て、今季は黒田の抜けた先発に復帰した。完全復活に向け、まずは先発復帰後初勝利で剛腕復活を果たしたいところだ。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

あなたにおすすめ