県、新エネルギー普及へ2補助金 公募開始 24、26日に説明会

 県は太陽光や風力など新エネルギーの普及を図り、産業振興につなげる「県版グリーンニューディール政策」の一環として、2017年度から二つの補助金制度を設け、公募を始めた。地域コミュニティーなど小さなエリアでエネルギーを生産、消費する「地産地消型」の仕組みづくりや、企業の製品開発を支援する。

 一つは「地域再生可能エネルギー面的活用促進事業」。地域でつくった電気や熱を、同じ地域内で消費する取り組みを後押しする。計画策定などにかかる経費を半分、250万円まで補助する。県内企業のほか、NPO法人、商店街、自治会などが対象になる。

 もう一つは「新エネルギー産業参入・育成促進事業」。製品開発の研究費や市場調査費を助成する。大学などと共同開発する県内企業や、複数企業でつくる事業体が対象。補助は経費の半分、500万円まで。

 県は今月24日に県庁、26日に長岡地域振興局で説明会を開く。いずれも午後2時からで申し込みが必要。

 県は補助申請を5月24日まで受け付け、審査委員会で交付先を決める。問い合わせ、説明会申し込みは県産業振興課新エネルギー資源開発室、025(280)5257。

あなたにおすすめ