安売り目玉のモヤシがピンチ 原料高騰...値上げ難しく

 野菜高騰の中でも手頃な価格で人気のモヤシ。スーパーなどの集客の目玉として、1袋10円台やそれ以下でも売られる一方、原料の緑豆(りょくとう)価格が近年高騰し、生産者は厳しい経営を強いられている。廃業も相次ぎ、業界団体は先月、小売り側に「適正価格」での取引を申し入れた。"庶民の味方"モヤシはどうなるのか。

 屋内で生産されるモヤシは天候に影響されにくく、仕入れ値が安定している点が小売店に重宝されている。日本チェーンストア協会によると、野菜が高騰した昨秋には、多くのスーパーがモヤシの安さをアピールする戦略を取ったという。

 2004年に100グラム当たり17・68円だった平均小売価格は昨年、15・61円まで下落。多くの生産者にとって原価割れとなる、1袋(200グラム)20円以下で売られることも珍しくない。大手スーパーの担当者は「『モヤシは安い』という認識が消費者にあり、たたき売りに結びつきがちだ」と指摘。別のスーパー関係者も「特売の目玉として、赤字でも9円で売るところもある」と証言する。

 生産者でつくる「工業組合もやし生産者協会」によると、会員は中小の事業者が多く、スーパーなどとの価格交渉力は弱い。こうした苦境にさらに追い打ちを掛けているのが原料の高騰だ。緑豆はほとんどが中国産で、経済発展に伴う人件費の上昇に加え、昨年は天候不良による不作や円安が重なり、1トン当たりの輸入価格は約21万7千円と、04年の約3倍に達した。

 採算割れなどによる廃業で、09年に230以上あった協会の会員社は現在、120ほどに落ち込んでいる。3月にはチェーンストア協会など小売業界団体に窮状を訴え、事業継続が可能な価格での取引を要請した。

 チェーンストア協会は加盟社に内容を周知し、意見交換会の開催も検討しているが、担当者は「価格設定は各社の裁量。具体的な値段を示すと談合だと指摘される恐れもある」と話し、値上げにつながるかは不透明だ。生産者協会の林正二理事長は「このままでは生産者は減り続け、食卓に安定してモヤシを届けられなくなる」と訴えている。

=2017/04/21付 西日本新聞朝刊=

画像1袋(200グラム)19円で販売されているモヤシ=千葉県内のスーパー

あなたにおすすめ