済生会熊本病院 国際医療評価を更新

画像JCIの専門審査官(左から2人目)の審査を受ける済生会熊本病院のスタッフ=2月、熊本市南区(同病院提供)

 済生会熊本病院(熊本市南区)は、医療の質や安全に関する国際医療評価基準「JCI認証」を更新した。

 JCIは、米国の第三者評価機関「国際病院評価機構」が認証。治療の質や安全管理、感染予防など約1200項目を評価する。国内の「日本医療機能評価機構」の約90項目に比べ幅広い。

 同病院は2月中旬に5日間、専門の審査官チームの審査を受けた。同病院によると、近年は認証を受ける国内病院が増えており、2月現在、国内では21カ所、九州では3カ所が認証を受けている。

 認証は3年間。初取得は2013年11月で16年11月が更新時期だったが、熊本地震で延期していた。(林田賢一郎)

あなたにおすすめ