現代自、セダン「エクセント」最新型発表

インド市場

現代自動車は4月20日、セダン「エクセント」の最新型をインドで発表した。PTI通信が同日付で報じている。

 新型エクセントは、LEDデイライトやシャークフィンアンテナなどを搭載し、空力性能を強化したことなどが特徴。ガソリン車(6グレード)とディーゼル車(5グレード)で展開し、価格はガソリン車が53万8,000~75万1,000ルピー(約90万~120万円)。ディーゼルは62万8,000~84万1,000ルピー(約100万~130万円)で販売する(いずれもデリー本体価格)。

 現代モーター・インディアのY・K・ク社長兼CEOは「変化するトレンドや顧客の要望に応えるのが当社の原動力」と強調した上で、エクセントについて「2014年以来、国内外で25万台を売り上げており、新型が新たな基準を作り上げるはずだ」と述べた。

 ク氏によると、現代モーター・インディアの昨年の販売実績は66万2,000台。国内販売は約50万台で、インド乗用車市場でのシェアは17%となっている。

あなたにおすすめ