古民家彩る五月飾り 岸邸、人形やこいのぼり並ぶ 厚木

画像

 5月5日の端午の節句に合わせた五月人形の展示が19日、厚木市上荻野の古民家岸邸で始まった。今年で5回目。入場無料で5月14日まで。

 展示は1階と2階の部屋を使ってよろいやかぶと14組、五月人形23体、こいのぼり3本など。五月人形の多くは地元の家庭でかつて飾られていたもの。「初節句の時の親のうれしい顔が浮かぶ」「岸邸で飾ってもらいたい」など寄贈者のコメントが添えられている。

 今年は戦国武将真田家ゆかりの家紋入りのよろいやかぶと、家系図が入ったびょうぶを特別展示している。

 5月3〜5日の午前11時〜午後2時に、昔遊びを披露する催しや抹茶のサービスを行う。

あなたにおすすめ