市内イベントまとめて発信 川崎市がアプリ提供開始

©株式会社神奈川新聞社

 川崎市は市内のイベント情報をまとめて市民に発信するため、スマートフォン(スマホ)などのアプリケーション「かわさきイベントアプリ」の提供を始めた。開催日時や会場への道案内などのイベント情報をタイムリーに入手できる。

 登録した市民団体や事業者も情報発信が可能で、市民は知りたい最新情報を官民問わず幅広く知ることができる。

 提供される情報は、イベントの日時や場所、申し込み方法、連絡先など。日ごとに表示され、スマホの位置情報を活用して会場までの経路案内も行う。「遊び」「ボランティア」「祭り」などの条件で情報を選び取ることができる。

 情報発信者の登録は市のホームページから可能で、情報の掲載料は無料。ただし政治活動や宗教活動、商品PRに使わないことなどを定めた利用規約に同意する必要がある。

 市はシステム開発費約500万円、年間運営費約200万円を見込む。市ICT推進課は「イベント情報を広く発信する手段がなかった小さな団体にもPRする機会を提供することで、地域活動の活性化にもつながれば」としている。アプリはアプリストアから無料でダウンロードできる。

あなたにおすすめ