日之影の農業任せて 株式形態法人が始動

日之影町の農地維持に向け、本格始動したひのかげアグリファーム

 農作業の受託や農地預かり、後継者育成などを行う日之影町七折の農業法人「ひのかげアグリファーム」(社長・佐藤貢町長)が20日、始動した。県内初の自治体による株式会社形態の農業法人として、昨年10月に設立し、準備を進めてきた。人口減少が進む中、農作業が困難な土地や後継者不在の農地を守る試みが始まった。

Follow

宮崎日日新聞 MIYANICHI ePRESS

on

©株式会社宮崎日日新聞社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。