武蔵とのシーソーゲーム勝ち取れず 5-6で2連敗喫す

画像新潟-武蔵 4回1死二、三塁、代打の樋口が中前に2点適時打を放つ=21日、悠久山

 ルートインBCリーグは21日、長岡市悠久山球場で新潟アルビレックスBC-武蔵を行い、新潟は5-6で惜敗し2連敗を喫した。通算成績は2勝4敗。

 序盤にリードを許した新潟は七回に一時逆転したが、八回に再び勝ち越された。

 打線は3点を追う四回、1死二、三塁から代打樋口の中前打で2得点。七回には2死一、三塁の好機に三木と足立が適時打で続いて3点を加え、一時5-4と勝ち越した。

 投手陣は粘れず、先発田村は二回までに4四死球に5安打が絡み3失点。五回にもソロ本塁打を打たれ七回途中で降板した。救援陣は八回に筑間と前川哲がともに適時二塁打を浴び、逃げ切りに失敗した。

 新潟は武蔵とホーム3連戦で、22日も午後1時から同所で戦う。

あなたにおすすめ