トピック熊本のニュース

紫淡く「山田の藤」見ごろ 玉名市

画像紫色の花を咲かせ、見ごろを迎えた「山田の藤」=玉名市

 玉名市の山田日吉神社の「山田の藤」が見ごろを迎えた。幹回りが約2・5メートルで、枝が東西12メートル、南北10メートルに伸びた推定樹齢200年超の県指定天然記念物と12本のフジが淡い紫色の花を咲かせ、境内を鮮やかに彩っている。

 21日現在、房は60センチほど垂れ下がって、数日後には満開を迎えるという。地元保存会の高本武夫会長(68)は「今年は気温が低く開花が遅いが、満開時は甘い香りが境内に漂う」と話す。

 初めて訪れた主婦の菖蒲由佳里さん(32)=同市=は「きれいな淡い紫色の花を見ていると、心が癒やされます」と喜んでいた。5月5日までは夜間(午後7時~同10時)のライトアップもある。玉名観光協会TEL0968(72)5313。(木村馨一)

あなたにおすすめ