「しんすけの店」に幕 ダウン症次男、夫婦で30年

 宮崎市吉村町の総菜店「しんすけの店」が21日、40年の歴史に幕を閉じた。店を切り盛りする野崎恭平(88)、晃子(てるこ)(82)さん夫婦が高齢のため体力が続かなくなった。ダウン症の次男・信輔さん(50)も約30年にわたって手伝い、3人で笑いながら仲良く調理する様子は、同じ障害の子どもや家族に元気を与えてきた。野崎さん夫婦は「皆さんの応援でここまでやってこられた」と感謝する。

Follow

宮崎日日新聞 MIYANICHI ePRESS

on

©株式会社宮崎日日新聞社

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。