隊員、五つの誓い 砺波南部少年消防クラブ 5年生入隊

©株式会社北國新聞社

 砺波南部少年消防クラブの入隊式は21日、砺波市砺波南部小で行われ、5年生の新隊員46人が火災予防を誓った。

 クラブ幹事長の山田正樹市消防団五鹿屋分団長が式辞を述べ、林誠校長、宮口孝志砺波消防署長があいさつした。手帳などが贈られた新隊員の代表5人による発声で、隊員の5、6年生が「火災予防の知識を身につけます」など五つの誓いの言葉を元気に唱和した。

 入隊式に先立ち、避難訓練が行なわれた。

あなたにおすすめ