<東京パラ>カナダチームが候補地三沢視察

画像
市職員から施設の説明を受けるダンブラック氏(右から2人目)

 2020年東京パラリンピックの事前キャンプ地を検討しているカナダ車いすバスケットボールチームの関係者が20日、候補地の青森県三沢市を訪れ、競技施設や宿泊施設などを視察した。

 来日したのはカナダチームのハイパフォーマンスディレクターを務めるジェフ・ダンブラック氏。視察先の一つ、10月にオープン予定の市国際交流スポーツセンターでは、掲示板の表示方法やコートの広さ、控室について市職員に質問した。

 ダンブラック氏によると、チームは候補地として6、7カ所を視察しているという。三沢市の施設の印象について「自国の国立トレーニングセンターと似ていて感銘を受けた」と評価。「東京からのアクセスなども含め、候補地を決定したい」と述べた。

 ダンブラック氏は三沢市役所も訪れた。懇談した種市一正市長は「(障害者との)共生に向けて頑張っている様子を感じてもらえれば」と語った。

あなたにおすすめ