天皇退位「恒久制度化を」68%

一代限り特例法支持は25%

©一般社団法人共同通信社

天皇の退位の法整備について

 共同通信社は1日、郵送方式で4月中旬までに実施した皇室に関する世論調査の結果をまとめた。天皇陛下の退位を巡る法整備の在り方について「皇室典範改正で今後の天皇も退位可能にすべきだ」と答えたのが68%に上り、「特例法で一代に限って認めるべきだ」の25%を大幅に上回った。「退位を認めるべきではない」は4%にとどまった。

 政府は今国会で陛下一代限りで退位を認める特例法の制定を目指しているが、退位の恒久制度化を望む声が根強いことが改めて鮮明になった。

 「女性天皇」に賛成したのは86%、女性天皇と母方に天皇の血筋を引く「女系天皇」のいずれも賛成したのは59%だった。

あなたにおすすめ