参考人聴取5時間、休憩は20分

愛媛、自殺の30代女性

4日に女性が任意で事情聴取を受けていた愛媛県警今治署=5日午後7時45分

 愛媛県今治市で高齢の親子が殺傷された事件で、参考人として事情聴取後に自殺した30代女性について、今治署に任意同行後の約9時間のうち聴取は約5時間に及び、休憩は計約20分だったことが6日、同署捜査本部への取材で分かった。

 捜査本部は、女性が聴取に素直に応じていたといい「捜査は適正だった」としているが、休憩の取り方に問題がなかったかどうかを含め一連の捜査の検証が求められそうだ。

 捜査本部によると、4日午後1時半ごろから同10時半ごろまで、親子殺傷事件について事情を聴くなどした。休憩は計4回。捜査本部は、聴取以外の時間を「鑑識活動などに充てた」と説明している。

あなたにおすすめ