文氏、日韓合意履行に慎重

安倍首相、着実な実施要求

©一般社団法人共同通信社

安倍首相(左)と、韓国の文在寅大統領(ロイター=共同)

 安倍晋三首相は11日午後、韓国の文在寅大統領と電話会談し、慰安婦問題に関する日韓合意の着実な履行を要求した。文氏は「国民の大多数が情緒的に受け入れられないのが現実だ」と返答し、慎重に対応する考えを伝達。合意の再交渉には直接の言及を避けた。両首脳は核・ミサイル開発継続など挑発行動を繰り返す北朝鮮に対処するため、緊密に連携していく方針で一致。未来志向の関係構築へ、できるだけ早期に直接会談を実施することでも合意した。

 文氏の就任後、両首脳による会談は初めて。北朝鮮問題で協力していく姿勢を鮮明にする一方、歴史問題で溝が深い実態が改めて浮かび上がった。

あなたにおすすめ