浦和、明大と練習試合で1―1引き分け オナイウ先制も決定機少なく

画像

 浦和は15日、大原サッカー場で関東大学リーグ1部の明大と練習試合(45分ハーフ)を行い、1―1で引き分けた。

 浦和はワントップにズラタン、シャドーはオナイウと梅崎、ボランチは長沢と矢島が組み、ワイドは右に平川、左に菊池。3バックは右から森脇、那須、田村が並び、GK岩舘の布陣でスタートした。前半は明大にパスをつながれ、互角の展開。攻撃では両サイドの平川、菊池から好クロスが供給される場面もあったが決定機は少なかった。

 那須に代わり、伊藤が入りボランチに、長沢がDFラインの中央に回った後半はいきなり好機を迎えた。2分にズラタンのパスを受けたオナイウが相手を2人かわしながら切れ込み、左足で蹴り込んで先制点。しかし30分、浦和の左サイドから中央へ突破を許しミドルシュートを決められた。

 前後半でメンバーを総入れ替えした明大に比べて、ほぼ全員がフル出場した浦和は後半の中盤以降は運動量が落ちた。裏を狙う意識はあったものの、明大の組織的で粘り強い守備に追加点を奪えず。何度かあった決定機も生かし切れなかった。

あなたにおすすめ