トピック熊本のニュース

熊本城復興、おいしく支援

山崎製パン熊本工場が新商品

画像山崎製パン熊本工場が熊本城復興支援で開発したパンの新商品

 山崎製パン熊本工場(宇城市)が、熊本城の復興支援に向け、新商品のパンを開発、16日から九州一円で発売する。復興のため、売り上げから1袋当たり1円を寄付する。

 商品は、県産小麦粉を40%使用し、阿蘇小国ジャージー牛乳で仕込んだスティックパン(6本入り)と、県産小麦粉を10%使った食パン(5枚入り・6枚入り)。「熊本の光」のブランド名で、デイリーヤマザキやYショップなどグループ店をはじめ、コンビニやスーパーで販売する。希望小売価格はスティックパンが130円(税抜き)、食パンが150円(同)。

 熊本工場は1984年に操業開始。熊本地震では建屋や設備に大きな被害はなく、宇城市や嘉島町、御船町の避難所などに、昨年9月までパンなどの救援物資を届けたという。

 「熊本のシンボルである熊本城の復興を支援し、熊本の経済活性化に寄与したい」としている。(楠本佳奈子)

あなたにおすすめ