【J1ベストイレブン】“絶好調男”が2週連続のMVP!大勝した2チームのエースも選出|11節

画像

 J1リーグは5月14日に11節の9試合を行なった。ここでは、その9試合からサッカーダイジェストWeb編集部がセレクトしたベストイレブンを紹介する。
 
【選出理由】
 磐田との一戦で川崎が鮮やかな攻撃を見せた。前線の選手が変幻自在にポジションを入れ替えて相手を翻弄し、51分にはスルーパスに抜け出した阿部が先制点を奪取。試合終盤にも追加点を挙げて2-0で磐田を下した。
 
 攻撃を司った大島や守護神も出色の出来だが、2戦連続で決定的な役割を果たしたのは阿部。川崎のパスサッカーにおいて重要な得点源となっているこのアタッカーを採点『7.5』で今節のMVPに選んだ。
 
 また、2トップにはC大阪の杉本と浦和の興梠を選出。前者は2ゴール、後者は1ゴールでエースとしての役割を果たすだけでなく、最前線で攻撃の軸として機能。C大阪は広島に5-2、浦和は新潟に6-1と、両者とも大勝劇の立役者となった。
 
 そのほか、鳥栖の鎌田と大宮の大前は高い技術で存在感を発揮。大前の逆転弾は技術の詰まった一発で見事だった。鹿島と対戦した神戸のニウトンは豊富な運動量で中盤を掌握。L・シルバや小笠原と対峙しながらも、攻守でハイパフォーマンスを披露した。
 
 ディフェンスラインには安定した守備を見せたG大阪のファビオと神戸の渡部に加え、セットプレーから2得点を挙げたC大阪のM・ヨニッチをセレクトした。
【今節のベストイレブン】
GK
1 チョン・ソンリョン(川崎) 7
立ち上がりの川又との1対1を止めて流れに乗る。終盤の猛攻にも、ゴール前で大きな壁となって立ちはだかった。韓国時代を含め自身2度目のアシストを記録!

DF      
22 マテイ・ヨニッチ(C大阪) 6.5
マッチアップした塩谷の緩慢なマークを見逃さず、セットプレーから2得点。柴﨑への反応が遅れ、先制点を献上した借りを倍にして返した。
 
3 ファビオ(G大阪) 6.5
相手の都倉は確かに躍動したが、それを最終的には何事もなかったかのように封じ込めたこの選手の守備も見事だった。
 
3 渡部博文(神戸) 6.5
スルーパスか、ドリブル突破か。その両方に対応したポジショニング、姿勢を取り、あらゆる攻撃に対応していた。
 
MF
7 ニウトン(神戸) 7
守っては潰し所を心得、攻めては相手の嫌がる選択。決定的な仕事をしたわけではないが、神戸にとっては勝利への使者、鹿島にとっては邪魔な存在であり続けた。
 
10 大島僚太(川崎) 7
密集地帯でボールを失わず、前を向いてパスを通した。磐田のボランチに入った川辺やムサエフよりも、ワンランク上のプレーを見せ続けた。
 
THIS WEEK MVP
8 阿部浩之(川崎) 7.5 
「今日は阿部ちゃんがすべて」と中村憲が語るほど、抜群の存在感を放つ。最前線に入った際に先制ゴールを決め、その後は再びサイドでプレッシングを怠らず守備に奔走した。
 
7 鎌田大地(鳥栖) 7
柔らかなキープや危険な位置への飛び出しで攻撃の中心に。ドリブルも効果的で、同点ゴールにつながるパスも供給。
 
10 大前元紀(大宮) 7
D・ムルジャに代わって後半頭からピッチへ。サイドハーフとしてボールを収め、ポゼッション率上昇に貢献。相手の陣形をよく考えた抜け出しから、値千金の逆転弾を叩き込んだ。
 
FW
30 興梠慎三(浦和) 7 
軽い身のこなしと繊細なタッチで基準点となり攻撃をリード。絶妙なタイミングでゴール前に入り込み、フリーな状態を作り出したゴールも見事だった。
 
9 杉本健勇(C大阪) 7
ひとりで約60メートルをドリブルで駆け上がり、ゴールネットを揺らしたプレーはゲームのハイライト。4得点に絡んだ勝利の立役者だが、2度の決定機を外している点を考慮して採点は「7」に留めた。
 
※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。

あなたにおすすめ