<全国新酒鑑評会>風評払拭 福島5連覇

画像
県庁では内堀知事(右から4人目)や金賞を受賞した蔵元の関係者が記念のパネルを披露した

 独立行政法人酒類総合研究所(広島県東広島市)は18日、2016酒造年度(16年7月~17年6月)の全国新酒鑑評会の入賞酒を発表した。金賞受賞銘柄の都道府県別は福島が22銘柄で最多となり、歴代最多タイの5年連続日本一を達成。東京電力福島第1原発事故による県産品の風評被害を払拭(ふっしょく)する先導役としての期待が一段と高まった。

 860銘柄が出品され、437銘柄が入賞、242銘柄が最高の金賞に選ばれた。福島からは45銘柄が出品され、「國権」(国権酒造、南会津町)が10年連続、「奥の松」(東日本酒造協業組合、二本松市)が9年連続の金賞。金賞数日本一5年連続は広島県と並ぶ。

 県は同日、記念の催しを県庁で開いた。内堀雅雄知事は「快挙は福島プライドの象徴だ。飲んだ人が幸せになる酒を造り、笑顔の輪を国内外に広げてほしい」と祝福。県酒造組合の新城猪之吉会長は「金賞への各社の思いが足し合わさっての5連覇。今後も精進したい」と語った。

 福島市の県観光物産館「コラッセふくしま」では、県産酒が来場者に振る舞われた。市内の会社員金田愛さん(25)は「福島の誇れる日本酒を他県の友達にも積極的に紹介したい」と話した。

 県酒造組合は醸造技術を研さんする「県清酒アカデミー」を開くなど品質向上に努めてきた。県も今年、「ふくしまの酒マイスター」制度を創設し、日本ソムリエ協会会長の田崎真也氏を第1号に任命するなど販路拡大を後押ししている。

あなたにおすすめ