<塩釜港>クロマグロ、今シーズン初水揚げ

©株式会社河北新報社

水揚げされるクロマグロ
水揚げされたクロマグロ=18日、塩釜市の塩釜港

 日本有数のマグロ基地、宮城県塩釜市の塩釜港で18日、巻き網運搬船が今シーズン初めてクロマグロを水揚げした。140キロの大物も含まれ、市魚市場は活気づいた。

 入港したのは、昨年の初水揚げと同じ八戸市の第26惣宝丸(375トン)。東京・八丈島周辺の海域で漁獲したクロマグロ110トンのうち、18日は40トンを水揚げした。入札は高値で1キロ3893円で取引された。

 大規模建て直し中の市魚市場は今秋、グランドオープンを迎える。市水産振興課の担当者は「100キロ前後のマグロが水揚げされ、幸先の良いスタートが切れた。魚の価格がシーズンを通じて前年を上回ることを期待したい」と話した。

あなたにおすすめ