多賀城中2女子転落死 いじめの情報なし

 多賀城市内で市立中2年の女子生徒が17日に転落死したことを受け、生徒が通っていた中学校では18日、生徒たちへの説明が行われた。校長が学年ごとに女子生徒が亡くなったことを説明し、さらに各担任がクラスごとに伝えた。

 市教委によると、突然の訃報に涙を流して聞き入る生徒もいて動揺が見られたたという。身崎裕司学校教育課長は「今後、心のケアに力を注ぎたい」と話す。授業は通常通り行われた。

 亡くなった女子生徒は学年のリーダー的存在で、男女とも隔てなく仲が良く、これまで無欠席だった。学校の再点検では、いじめや悩み事など心当たりとなる原因は見つかっていない。

あなたにおすすめ