中川町の山道は自転車向き ツアー会社社長ら視察で太鼓判

画像一部にまだ雪の残る山道を試走した(左から)石塚さん、三浦さん、バーネットさん

 【中川】町内の山道をサイクリングツアーやイベント向けのコースに活用できないかと、町観光協会は15、16の両日、自転車ツアー会社社長ら3人を招いて現地視察を行った。マウンテンバイクなどで試走した3人は、景色の良さや雄大な自然を高く評価。自転車観光が外国人らに人気を集める中、オフロードを楽しめるツアーは国内でも珍しいといい、協会は企画実現に向け、手応えを感じている。

 町観光協会は昨年、台湾からのモニターツアーを受け入れるなど自転車による観光振興を模索中。今回は、町など関係機関と協議して許可を受け、山道での自転車の試走を企画した。

 3人は、道内で自転車ツアーを企画する「サイクリングフロンティア」(札幌)の石塚裕也社長(38)と英国人ガイドのデビッド・バーネットさん(52)=札幌市=、五輪にも出場した元ロードレーサーで自転車製造や選手育成にかかわる三浦恭資さん(56)=大阪府=。舗装路から山道まで走れる国内では数少ない自転車「グラベルロード」2台と、マウンテンバイク1台に乗り、町内3カ所で各5~8キロを走った。

あなたにおすすめ