ポスティング今オフまでに改正へ

「統一ルールに」とMLB

©一般社団法人共同通信社

米大リーグ機構のロブ・マンフレッド・コミッショナー

 【ニューヨーク共同】米大リーグ機構(MLB)は18日、ニューヨーク市内でオーナー会議を開催し、MLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーが海外フリーエージェント(FA)資格を得る前の日本選手らがメジャー移籍する際に利用するポスティングシステムを今オフまでに改正したい意向を示した。

 記者会見した同コミッショナーは韓国でも利用されている同制度について「現状は国ごとに違うシステムになっている。プロ選手に特化した統一ルールにしたい」と語った。MLBは既に日本野球機構(NPB)側に協議を申し入れている。

あなたにおすすめ