【J2熊本】FW安5試合ぶり復帰 古巣千葉戦へ上り調子

画像けがから5試合ぶりに復帰したFW安柄俊=県民総合運動公園

 ロアッソのFW安柄俊(アン・ビョンジュン)が13日の湘南戦で後半16分から途中出場し、5試合ぶりに戦列に戻った。久しぶりのピッチでのプレーを振り返り、「いい動きだしもできた。もう少しコンディションが上がれば、もっと反応も良くなる」と手応えを語った。

 4月16日の松本戦で負傷し、開幕直後に続き今季2度目の離脱。リハビリを続ける中、結果が出ないチーム状況を「ピッチの上でチームに貢献できず、もどかしかった」と振り返る。

 さらに、対戦を楽しみにしていた同23日の古巣、金沢戦も遠征に帯同できなかった。金沢時代の昨季は「(2季前に所属した)千葉との試合の2日前にけがをして、フクアリ(千葉市のフクダ電子アリーナ)に行けなかった。今年も古巣との対戦に行けないとは…。何かの巡り合わせかな」と肩を落とした。

 FW陣はグスタボ、モルベッキのブラジル人コンビを軸に先発争いが激化している。21日に迫った今季のフクアリでの試合を控え「千葉に行くためにも、けがをしないように」と万全を期し、アウェー2連戦に臨んだ。

 17日の岐阜戦では先発を託され、直接FKを力でねじ込み先制点。チーム最多のシュート5本を放ち、頼もしいエースが完全復活を遂げた。(野方信助)

あなたにおすすめ