いわきの住宅街に「サル」出没 カメラの前でも動じず...

画像

 いわき市泉玉露の住宅街に18日、サル1頭が姿を現した。市によると、このサルは昨年夏ごろから市内各地に出没しているサルとみられ、市や県が足取りを追っている。

 市によると、同日午前から泉地区での目撃情報が寄せられた。午後3時50分ごろ、サルは再び同市泉玉露に姿を見せた。同市はサルを見た場合、近づいたり大声を出したり、餌をやることなどをしないよう呼び掛けている。

 このサルはカメラの前でも動じず、人に慣れた様子。民家の柵の上に座ったが、すぐに姿を消した。各地を転々としているとみられるが、住宅街にサルが安住できる「サルノコシカケ」はなさそうだ。

あなたにおすすめ