ビザなし交流、国後へ出発

元島民ら、自由訪問に続き

©一般社団法人共同通信社

「ビザなし交流」で北方領土の国後島へ向かう船に乗り込む訪問団の人たち=19日午前、北海道・根室港

 北方領土のロシア人住民と日本人の元島民らが相互に往来する「ビザなし交流」で、日本側訪問団(喜多広団長)が19日、国後島に向けて北海道・根室港を船で出発した。元島民ら65人が参加。22日までの日程で日本人墓地や学校、ロシア人住民宅などを訪れる。

 三つの枠組みがあるビザなし訪問では、15~18日の「自由訪問」に続く本年度2回目。その際も国後島を訪れたが、予定していた居住地跡への立ち入りをロシア側に認められなかった。

あなたにおすすめ