プロ2戦目の広島右腕が見せた抜群の対応力「勇気を持って変えてよかった」

広島は18日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に9-2で勝利し、2カード連続の勝ち越しとなった。ミスが重なり逆転負けを喫した前夜の嫌なムードを払拭する快勝に、緒方監督は「昨日はもう終わったこと。反省はするが引きずりはしない。これからもウチらしい守り勝つ野球をやるだけ」と切り替えを強調した。

画像広島・中村祐太【写真:荒川祐史】

初回2失点も2勝目挙げた中村祐

 広島は18日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に9-2で勝利し、2カード連続の勝ち越しとなった。ミスが重なり逆転負けを喫した前夜の嫌なムードを払拭する快勝に、緒方監督は「昨日はもう終わったこと。反省はするが引きずりはしない。これからもウチらしい守り勝つ野球をやるだけ」と切り替えを強調した。

 立ち上がりに、今季2度目の先発となった中村祐が、先頭打者への四球からいきなり2点を献上した。緒方監督は「試合の入りが悪かったのが次への課題」と苦言も呈したが、「他の投手との兼ね合いもあるが、次の登板機会までにしっかり考えて欲しい」と、次回登板への期待も見せた。

 通常はワインドアップから投げる中村祐だが、立ち上がりの不調からセットポジションでの投球に切り替え、2回以降はベイスターズに得点を許さなかった。「冷静に、力まないようにと思ったが、頭と体が一致しなかった」という中村祐は「(投球フォームを)変えなければ、そのままズルズルいってしまったかもしれない。勇気を持って変えてよかった」と、プロ2戦目とは思えぬ対応力で2勝目をものにした。

ミスした選手がリベンジ、緒方監督「力をつけた証拠」

 打線は先制された直後に4点を奪って逆転し、その後も追加点を重ねて、取り戻した主導権を相手に渡さなかった。初回の得点は鈴木、安部と前夜の9回に守備でミスを犯した選手で、安部は「昨日は(鈴木)誠也がロッカーでかなり悔しがっている姿を見て、自分も思うところがあった」と心情を吐露し、初回のチャンスの場面は「こんなにおいしい場面はないと思って打席に入った」とリベンジの気持ちで結果を残した。

 緒方監督は「ミスはつきものだし、挽回するチャンスはある。昨日ミスした選手が、切り替えて次の試合に臨む。そういう姿を見せてくれたのは、力をつけた証拠だと思う」と、主軸になりつつある若い選手の成長ぶりを感じているようだった。

 首位の阪神が敗れ、ゲーム差は再び1.5ゲーム差となった。交流戦前に、再び首位の座を目指すチームが日々成長する姿が見られたゲームだった。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

あなたにおすすめ