トピック熊本のニュース

郷土PRトラック出発 和水町

江田船山古墳などデザイン

画像和水町の「八つの神様」や金栗四三氏などをPRするトラック=同町

 熊本県和水町のマツカワ物流は18日、同町の名物などを荷台に描いた10トントラック1台の運行を始めた。同社と町が企画、デザインした。工業製品を積んで九州全域を走り、町のPRに一役買う。

 側面に「日本遺産」の構成文化財の江田船山古墳や、町内に点在する健康に御利益があるとされる「八つの神様」のキャラクターを塗装。後面では、2019年NHK大河ドラマの主人公に決まった町出身のマラソン選手・故金栗四三氏をアピールする。

 費用は同社が全額負担。福原秀治町長は「旬のトピックが盛り込まれてインパクトがあり、すっきりとまとまっている。九州一円を駆け回るのが楽しみだ」と喜んだ。(前田晃志)

あなたにおすすめ