川重が造船部門の従業員2割削減

事業規模縮小、雇用は維持

©一般社団法人共同通信社

 川崎重工業が2020年をめどに造船部門の従業員の2割に当たる約400人の削減を検討していることが19日、分かった。現在の雇用は維持し、退職による自然減や配置転換で対応する。川崎重工は今年3月、不振が続く国内の商船事業の規模を約3割縮小する方針を発表していた。

 川崎重工は商船事業の見直しに伴い、主力の坂出工場(香川県坂出市)にある二つの建造設備のうち一つを閉鎖する。同工場にはロボットなど他の成長事業を移す考えで、造船部門から配置転換される従業員の受け皿とする。

あなたにおすすめ