2017年3月期企業決算発表!注目の株式5銘柄

©株式会社オールアバウト

2017年3月期企業決算発表!注目の株式5銘柄

全体の34.6%が過去最高を記録

上場企業の2017年3月期決算が5月15日をもって出そろいました。時事通信社の集計によると、開示した東証1部上場の1117社(金融を除く)の連結純利益は前期比21.1%の大幅増。387社と全体の34.6%が過去最高を記録したようです。

今回は、2017年3月期決算が良く、過去5年間の業績が堅調推移している企業の中で、今後の成長も期待できる企業を独自調査しました。その中で優待利回り・配当利回りが高い企業を5銘柄ご紹介します。

優待、配当、株価上昇の3拍子を狙いにいきましょう。

■注目の株式5銘柄

●武田薬品工業

国内製薬トップ。医療用医薬品に集中し、がん、中枢神経、消化器領域の新薬開発を強化。新興国を中心に外事業展開やM&Aを積極化。2017年3月期の営業利益は1558億円(前期比119%増)。5月17日時点株価は、5740円。2018年3月期の配当予想は180円なので、配当利回りは、3.14%。株主優待は無し。

●RIZAPグループ

美容・健康関連の通販、減量ジム「ライザップ」を展開。M&Aを積極化。女性用体型補整下着、化粧品など訪問販売している「マルコ」、インテリア雑貨や旅行用品等の企画、卸・小売りしている「イデア」などが傘下に入る。最近では「ライザップゴルフ」に力を入れている。2017年3月期決算は最高益を更新し、営業利益は102億円(前期比323%増)。5月17日時点株価は、904円。2018年3月期の配当予想は12.57円なので、配当利回りは、1.39%。株主優待は100株以上で4000円相当の自社商品(美容用品、健康食品、インテリア雑貨など)が年に1回もらえる。優待利回りは4.42%。

●コムチュア

独立系システムインテグレーション。グループウエア開発やコンサルティングで業界トップクラス。企業向けのITサービスを提供していて、特にオフィス内でのITサービスを提供。2017年3月期決算は最高益を更新し、営業利益は15億円(前期比118%増)。5月17日時点株価は、4285円。2018年3月期の配当予想は88円なので、配当利回りは、2.05%。株主優待は100株以上で1000円相当のクオカードが年2回もらえる。優待利回りは0.47%。

●日本管財

ビルの設備、警備、清掃を中心にした独立系の総合管理会社大手。地域再開発物件に強み。ビル、マンション、商業施設などあらゆる建物に対して最適なサービスを提供できる「不動産フルラインサービスプロバイダ」。2017年3月期決算は最高益を更新し、営業利益は55億円(前期比106%増)。5月17日時点株価は、1938円。2018年3月期の配当予想は42円なので、配当利回りは、2.17%。株主優待は100株以上で2000円相当のクオカードが年2回もらえる。優待利回りは2.06%。

●ノーリツ鋼機

医療、シニア、ペン先製品にM&Aで事業再構築。LED照明をはじめとする環境関連事業、遠隔画像診断支援サービス・医療関連用品などの医療関連事業や通信販売事業などを行う子会社を傘下に。2017年3月期の営業利益は46億円(前期比228%増)。5月17日時点株価は、874円。2018年3月期の配当予想は15円なので、配当利回りは、1.71%。株主優待は100株以上で3000円相当の全国名産品引換券が年1回もらえる。優待利回りは3.43%。

(文:頼藤 太希)

あなたにおすすめ