物産販売や誘客の事業計画策定へ 県売込み推進本部

 県の部局横断的組織、いわてまるごと売(うり)込み推進本部(本部長・千葉茂樹副知事)は18日、県庁で本年度初会合を開いた。有望市場の台湾、中国、香港に照準を合わせ、県産品販売や観光客誘客を総合的に展開する新たな事業計画を策定する方針を確認した。

 事業計画は、県が3月に策定した「いわて国際戦略ビジョン」を基に、庁内の関係室・課でつくるワーキンググループが策定を進める。本県が国際定期便就航を目指している台湾、地方政府間交流を続ける中国など各地域とつながりを生かし、今後の動向も見極めながらまとめる見通しだ。

 同本部は2015年度発足し3年目。

(2017/05/19)

あなたにおすすめ