線路立ち入り疑い男逮捕、埼玉

「痴漢疑われパニックに」

©一般社団法人共同通信社

行財政専門情報サービス

全国の新聞社43社と共同通信社が提供する行財政ニュースサービスです。中央省庁や多くの自治体でご利用いただいています。

詳細はこちら

 埼玉県警川口署は19日、同県川口市のJR川口駅ホームから線路内に立ち入ったとして、鉄道営業法違反容疑で自称さいたま市浦和区、無職の男(35)を現行犯逮捕したと明らかにした。同署によると「痴漢を疑われたと勘違いしてパニックになった」と供述している。

 男は京浜東北線の電車内でうたた寝し、隣に座っていた40代女性のコートにウーロン茶をこぼしてトラブルになった。その後、男は川口駅で降りたが、女性も続いて下車したため線路に飛び降り逃げた。同署は威力業務妨害の疑いでも調べる。

 逮捕容疑は18日午後10時20分ごろ、線路内に立ち入った疑い。

あなたにおすすめ