東大と理化学研究所が最高効率の「伸縮性導体」開発

スポーツウェアやロボットへの応用が期待される

 科学技術振興機構(JST)は、東京大学、理化学研究所の共同研究チームが、元の長さの5倍に伸ばしても世界最高の導電率(935ジーメンス/センチメートル)を示す伸縮性導体の開発に成功したと発表した。銀フレーク粉とフッ素ゴム、フッ素界面活性剤を混ぜたペースト状材料を印刷することでゴムやテキスタイル(織物)などの伸縮する素材の上に自由形の配線パターンを形成できる。伸縮性の配線を活用して圧力や温度のセンサーがテキスタイルの上に簡単に形成できるため、スポーツウェアやロボットへの応用が期待されている。

 同研究グループは、15年に元の長さの3倍に伸ばしても電気を流す、印刷可能な伸縮性導体を開発しており、今回は高い伸縮性を維持したままでさらに導電性を向上する技術を開発したもの。新たに開発した伸縮性導体は伸長前の状態で4972S/センチという非常に高い導電率を示し、元の長さの3倍まで伸ばしても1070S/セント、5倍まで伸ばしても935S/センチという高導電率を持つ。

 印刷できる伸縮性導体は、高い伸縮性が要求されるスポーツウェア型のウェアラブルデバイスや人間よりも高い伸縮性を必要とするロボットの人工皮膚を実現する上で必要不可欠な技術とされているが、従来の伸縮性導体は伸長させると導電率が大幅に減少するという課題があった。

あなたにおすすめ