横断幕掲げ「四季島」歓迎 村上 上海府小児童と地元住民

画像

 JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」の運行を記念し、JR羽越線沿線に校舎がある村上市の上海府小の児童と地元住民約50人が18日、通過する四季島に向かって横断幕や旗を持って歓迎した=写真=。

 学校や地域で出迎えたいと考えていた同校は、JR村上駅などと協力し、横断幕を掲げるイベントを企画した。四季島が本県に入るのは2回目だが、同駅によると、学校主体の行事は県内初という。

 午前8時半ごろ車体が見えると、グラウンドに整列した子どもたちは「ようこそ村上へ」「上海府小学校・村上市上海府地区」と書かれた幕を持ち歓迎。四季島は速度を緩めて子どもたちに応え、乗客も車内から手をふり返していた。

 6年生の長陽和君(11)は「実物は初めて見た。かっこよかった。いつか乗ってみたい」と喜んだ。

あなたにおすすめ