無投票の公算 豊後高田市県議補選

©有限会社大分合同新聞社

 欠員に伴う大分県議会議員豊後高田市選挙区の補欠選挙(被改選数1)が19日、告示された。

 午前8時半から市役所で立候補者の受け付けが始まり、無所属新人で前豊後高田市副市長の鴛海豊氏(70)=市内草地=が届け出た。

 受け付けは午後5時で締め切るが、正午現在、他に立候補の動きはなく、無投票になりそう。

 鴛海陣営は午前8時半から、市内新地の後援会事務所で出陣式。鴛海候補は「市の自主財源は限られるので、国や県とのパイプ役を務めて補助金を獲得する。市の将来のため身をささげたい」と第一声を上げた。

あなたにおすすめ