特急ソニックで杵築PR 大分-博多間で特産品販売

画像
ソニックマルシェをPRするJR職員ら=大分市

 JR九州大分支社は20日から期間限定で、特急列車内で杵築市の特産品を販売する「ソニックマルシェ」を開く。各地域を応援しようと同支社の初めての企画。

 マルシェは20、21、27、28の4日間、大分―博多間の2便で実施。3号車に特設スペースを設け、きつき茶や紅茶、かぼすこしょうなど杵築市の名産品を中心に22種類を販売する。

 同支社は「列車の旅を楽しみながら、杵築市の良さを知ってほしい」と呼び掛ける。他の市町村とのコラボレーションも計画している。

あなたにおすすめ