函館出身の作家・西川司さん自叙伝小説 「向日葵のかっちゃん」舞台化 東京で8月下旬上演

画像8月に舞台化される「向日葵のかっちゃん」の文庫本を手に喜ぶ西川さん

 【函館】函館市(旧尾札部村)出身の作家西川司さん(58)が幼少期を振り返った自叙伝的小説「向日葵(ひまわり)のかっちゃん」(講談社文庫)が舞台化され、8月下旬、東京・銀座の博品館(はくひんかん)劇場で上演される。NHKテレビ番組「趣味の園芸」の“園芸王子”として知られる俳優三上真史さんや、女優星野真里さんらが出演。函館公演の実現を目指す動きも始まった。

 西川さんは東京で放送作家として幼児番組やテレビドラマなどを手掛け、2011年からは函館で小説を執筆。函館大谷短大の非常勤講師も務めている。

あなたにおすすめ