やりすぎ…?矢口真里、大号泣ドッキリで修羅場「さすがに可哀そう」の声が殺到

画像番組で号泣していた矢口真里 - Jun Sato / WireImage / Getty Images

 TBS系バラエティー番組「水曜日のダウンタウン」の17日の放送で、あるドッキリを仕掛けられた矢口真里が号泣するシーンが公開され、視聴者から「やりすぎ」「可哀そう」といった声が上がっている。

【画像】矢口真里、すっぴん公開

 出演者それぞれが信じるあらゆる“説”がプレゼンされ、激論を繰り広げる同番組。この日の放送では、その一つとして“矢口真里 説教食らった後にカラオケで「恋のダンスサイト」歌われてもさすがに「セクシービーム」入れづらい説”が論じられた。

 これを検証するため、矢口とプライベートで親しいという遠野なぎこらが仕掛け人に。カラオケを楽しむ中、遠野が矢口に「時事ネタとかが言えないと……ちょっとお勉強不足な部分を自覚した方がいいと思う」と切り出すと「それって遠野さんが私に言うことじゃなくないですか? なんでそんなこと言われなきゃいけないんですか?」と矢口は応戦。激しい言い争いになり、放送によれば「テレビではお見せできないマジな口喧嘩」に発展したという。

 ついには「私だってやりたくてやってるわけじゃないですよ」と矢口が号泣。すると遠野が唐突に「恋のダンスサイト」を歌い始めるのだが、矢口はしくしくと泣き続ける。モーニング娘。時代の矢口の代名詞とも言うべき「セクシービーム」の入る箇所がきても反応することはなかった。これで、説としては「言うわけがなかった」という結論に。その後、ネタばらしをされた矢口はさらに号泣し、遠野も謝罪を繰り返しながら泣き出す始末。2人が抱き合って泣く姿で映像は締めくくられた。

 この展開に、SNS上には視聴者から「おもしろかった」というコメントがある一方で、番組の企画ではあるものの「矢口さん可哀想だったな」「やりすぎだと…」という意見が。また、「番組として笑っていいものだろうか」「ドッキリ系の番組で笑ったことがない。特に説教系。何がおもしろいんだろうな」といった疑問の声もあった。

 当の矢口は、放送翌日に自身のブログでドッキリについて言及。「今回は思いっきりドッキリに引っかかってしまいましたねぇ まじで、完全にやられましたw」と振り返ると、「終わって本当にドッキリで良かったと心から思いました ネタバレした後の私は、なんだか清々しい気持ちにもなりましたw なので全然傷ついてないので、心配しないでくださいね」とファンに呼び掛けた。さらに、「今回も私のコーナーを作っていただき、本当にありがとうございました 1人のタレントとして幸せでした これからもどんな事でもチャレンジさせていただきたい いつも自分を成長させるきっかけをいただいてるなぁ」と番組への感謝の思いをつづっている。(山田貴子)

あなたにおすすめ