新はがき「往復」漏れる誤表記

日本郵便、値上げで発売

画像
誤表記があった新料金の往復はがき(左)。右は現行料金の往復はがき

 日本郵便は19日、6月の料金値上げを反映して新たに発売した124円の往復はがきに、誤表記があったと発表した。総務省の認可を得た約款上は「郵便往復はがき」とすべきなのに、往復の文言が漏れ、単に「郵便はがき」と記載していた。既に購入した誤表記のはがきはそのまま使える。

 印刷会社がデータを正しいものと取り違え、日本郵便も今月15日の発売までは気付かなかったという。16日になって中国エリアの郵便局員が誤りを指摘した。

 新料金のはがきは6月1日以降に使う利用者向けに販売しており、誤った往復はがきは1400万枚を印刷済み。準備が整い次第、正しい表記に切り替える。

あなたにおすすめ