ボルボ、インド国内で乗用車生産へ

年内めど

ボルボ・カーズは年内にもインドで乗用車の生産を始める方針だ。商用車を手掛けるボルボ・グループが国内で所有する施設を活用し、まずはSUV「XC90」を組み立てるという。PTI通信が5月18日付で報じている。

ボルボ・カーズのホーカン・サムエルソン社長兼CEO(最高経営責任者)は、スウェーデンでインドの報道陣に対し、「クルマを輸入して成長するのは無理だ。インドで現地生産を始める」と発言。XC90を皮切りに乗用車を国内で生産する意向を明らかにした。

ボルボのインド国内販売は年間およそ1,500台。サムエルソン氏はインドでは輸入規制などあるため、販売台数が少なすぎるとしながら、現地調達が進めば、価格水準が下がり、XC90がより値ごろになると強調した。ただ、「値段を安くするのが競争力ではない。価値に見合う価格を設定する立場は変えない」と述べ、販売網強化への投資を重点的に行うとしている。

あなたにおすすめ